FC2ブログ
2018年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.10/17(Tue)

その花の名は。第1話

「火宵の月」オメガバースパラレルです。

詳しい設定についてはコチラのページをご覧ください。

苦手な方はご注意ください。

何でも許せる方のみ、追記ページをお開きになってください。

【More・・・】



この世には、二次性別というものが存在する。

男女という性別の他に、α(アルファ)、β(ベータ)、Ω(オメガ)という三種類の性別が存在し、βが世界の全人口の大半を占め、主にエリート階級に属するα、そしてかつて被差別階級であったΩは人口の約3%を占める。

これは、一人のαと、Ωの物語である―


「先生、さようなら。」
「気を付けて帰れよ~」

茜色に染まりつつある廊下を歩く生徒達に同僚教師・高田が声を掛けている姿を遠くから眺めながら、土御門有匡は彼に気づかれぬように今来た道を戻った。
彼はこの学校に赴任してきたばかりの自分に対して親切にしてくれているのだが、顔を合わせると毎日放課後に飲みに誘われるので、それが苦痛で有匡は彼を避けるようになった。
余り人付き合いが得意ではない有匡は、高田のような熱血教師タイプが苦手だった。
高田だけではなく、他の同僚教師達とも何だか反りが合わないような気がするのは、自分が無愛想で事務的な態度を彼らに取っているからだろう。
革靴を履き、有匡が職員用駐車場へと向かおうとした時、人気のない体育用具倉庫からくぐもった声が聞こえた。

(気のせいか?)

そう思いながら有匡が体育用具倉庫の扉を開けると、そこには一人の少女が今まさに中年男性に組み敷かれているところだった。
「そこで何をしている!」
有匡が男性を怒鳴りつけると、彼は飢えた獣のような目で有匡を睨みつけた。
それと同時に、男性の全身から威嚇フェロモンが放たれた。

(こいつ、αか・・)

「Ωの癖に、こいつが俺に逆らうから懲らしめてやろうとしているだけだ、邪魔するな!」
「獣め、消え失せろ。」
有匡は舌打ちしながらそう言って男を睨みつけると、男が放っているよりも強烈な威嚇フェロモンを男に向かって放った。
男は覚束ない足取りで喉元を掻き毟りながら体育用具倉庫から出て行った。
「大丈夫か?」
「はい、助けてくださって有難うございます。」

金髪紅眼の少女と目が合った瞬間、有匡は彼女から花の蜜の様な甘い匂いが漂って来ている事に気づいた。

“運命の番”―αとΩ間であっても極稀にしか存在しないという“魂の番”。

「お前、名前は?」
「火月・・炎の月という意味の名です。あの、先生?」

この少女が、自分の“運命の番”だというのか?

「家まで送ろう。」
「有難うございます。」

火月を助手席に乗せ、有匡が車に乗り込もうとした時、上着の胸ポケットに入れていたスマートフォンが振動した。
スマートフォンの液晶画面を見た有匡は舌打ちするとスマートフォンの電源を切った。


人気ブログランキング
10:00  |  火宵の月オメガバース小説「その花の名は。」  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。